tago al tagoで念願のパブロバを



 念願のカフェに、先日行ってきました。

美ら海水族館から車で約15分のところにひっそりと佇む



 tago al tago(ターゴアルターゴ)です。

月に数回しか営業しておらず、しかも遠方なので、なかなか行く機会が…

ですが、そのチャンスは突然にやってきました。


コンクリート打ちっぱなしのtago al tago。
すっきりとした店内。
素敵です。

私がなぜここに来てみたかったというと…


これです、これ。

Pavlova(パブローバ)がメニューにあるということで、「普通のカフェではないな」と直感したからです。

実はパブローバは私にとって思い出のスイーツ。
オーストラリアに住んでいた頃、カフェや友人宅でよく食べていたのです。

パブローバの発祥はオーストラリアかニュージーランドか…定かではないそうですが、スポンジの代わりにメレンゲを土台にし、その上にフルーツや生クリームをトッピングしたスイーツです。 


まさか日本で(しかも沖縄で!)食べられるなんて思ってもいませんでした。

tago al tagoの「パブロバ」はフルーツたっぷり。
メレンゲはサクッ、ふわっ、中はしっとりモチッ♪

メレンゲはしっかりと甘いのですが、中のホイップクリームが無糖(?微糖?)でアイスクリームも甘さ控えめ、そしてフルーツの爽やかな酸味と調和して絶妙なバランスでした。

フルーツは季節によって変わるそうです。

パブロバの器は山田義力さん、ですね(こちら、ものすごーく欲しい1枚なんです)。

素晴らしい1皿でした。


営業日に合わせて北部に用事を作り、またぜひ寄りたいと思います。

ちなみに次回の営業日は7月7(日)、8(月) 12:00-18:00だそうです。

あ〜残念っ、行けない…


コメント

人気の投稿